編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

エクセルソフト、Javaアプリケーションを高速・最適化するツールの最新版

WebBCN (BCN)

2007-06-04 12:20

 エクセルソフト(渡辺光敏社長)は6月1日、JavaアプリケーションをWindows用やLinux用に高速・最適化するJava開発ツールの最新版「Excelsior JET 5.0」を発売した。

 JavaアプリケーションやコンポーネントのクラスファイルをWindows上ではEXEやDLLファイルに、Linux上では実行ファイルや共有オブジェクトに変換。変 換したネイティブコード実行ファイルは、Javaのクラスファイルよりも高速に 動作する。また、日本語インストーラーを含む12か国語のインストーラーを作 成できる「JetPackII」も搭載し、「Excelsior JET 5.0」で作成したアプリケー ションを無料で配布できる。

 最新版では、新しいデプロイ技術「Java Runtime Slim-Down」を採用し、ダ ウンロードサイズと作成するJava SEアプリケーションのディスクフットプリ ントを大幅に減少。さらに、JETオプティマイザとJETランタイムを強化し、新 しいループの最適化、高速な浮動小数点演算、高速なメモリ・アロケーション などのパフォーマンスを向上させた。

 価格は、「Excelsior JET 5.0 スタンダードエディション英語版」が18万37 50円、「同プロフェッショナルエディション英語版」が34万5540円、「同エン タープライズエディション英語版」が66万8850円。すべてWindows版とLinux版 があり、1年間の無償アップグレードを含むスタンダードサポートが付属する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]