編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ニュースキン、日本アバイアのIPテレフォニーを導入--東京本社など6カ所

CNET Japan Staff

2007-06-11 12:42

 日本アバイアは6月8日、ニュースキンジャパンの東京本社および名古屋・大阪支店、福岡ウォークイン、有明コールセンター、横浜倉庫の6カ所にIP-PBX「Avaya Communications Manager」をベースとしたIPテレフォニーシステムを納入したと発表した。

 今回のシステム導入でニュースキンジャパンは、従業員がどの拠点にいても同じ内線電話番号で発着信できるようになり、有明と大阪に分散するコールセンターの一元的な運用管理も実現した。

 これまで同社では、各拠点にデジタルPBXを設置し、内線電話番号も拠点ごとに割り振っていたため、「頻繁に拠点を移動する社員になかなか電話がつながらない」「複数の内線番号のボイスメールを確認する必要がある」といったユーザーの使い勝手に問題を抱えていたという。

 まず名古屋支店でアバイアのIPテレフォニー・ソリューションを導入してノウハウを蓄積し、今回のロールアウトにつなげた。

 IPテレフォニーの信頼性を高めるため、コールセンターを併設する有明と大阪では、冗長化された「Avaya S8700 Media Server」および「Avaya G650 Media Gateway」を設置。コールセンターの通話を確保するため、既存のデジタルPBX「DEFINITY」も利用している。他の拠点では、「Avaya G350 Media Gateway」およびLSP(Local Survival Processor)が導入された。

 ニュースキンジャパンは今後、IPテレフォニーをベースとした、メールやファクスによる受注や問い合わせを一元的に管理するシステムの導入や、音声認識技術を活用したシステムの導入なども検討している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]