「Windows Server 2008」普及への特効薬は仮想化機能--複数アナリストが指摘

文:Tim Ferguson(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、長谷睦 2007年06月13日 20時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 長らく登場が待たれているMicrosoftの次期WindowsサーバOS「Windows Server 2008」だが、広く受け入れられるかどうかは仮想化機能が鍵になると、複数のアナリストが予測している。

 以前は「Longhorn Server」(開発コード名)と呼ばれていたこのOSは、開発が長引いているが、2008年の早い時期に正式版のリリースが予定されている。

 Longhornにとって初となるパブリックベータ版は、4月末の発表以来、ダウンロード数が10万件を超えている。しかし、複数のアナリストによると、このOSの鍵を握るのは仮想化アプリケーション「Viridian」(開発コード名)だという。

 Microsoftによると、発売当初のWindows Server 2008にはViridianのベータ版が搭載され、その後180日以内に正規版が発表され次第、アップグレードされる予定だ。

 調査会社OvumのアナリストDavid Bradshaw氏は仮想化の重要性を強調する。「仮想化技術は特効薬だ。そして、あらゆる特効薬と同様に、慎重な取り扱いが求められる」

 Bradshaw氏によると、資産のさらなる有効利用を求められている企業の最高情報責任者にとって、仮想化は非常に価値の高い技術とのことだ。

 Bradshaw氏は、最先端の企業、およびサーバOSの更新を予定している企業はWindows Server 2008を採用する可能性が高いとしたうえで、普及が進むかどうかは、ユーザーがどの程度までサーバOSを混在、適合させられるかといった問題に大きくかかっていると指摘した。「おそらく、企業の動きは非常に遅いだろう」とBradshaw氏は予測する。

 一方、Butler GroupのシニアリサーチアナリストRoy Illsley氏は次のように話している。「デフォルトのサーバOSになると思う。時が経つにつれ、大きなシェアを占めるようになるだろうが、今後の課題となるのは仮想化だ」

 Illsley氏は続ける。「それ(仮想化)がないなら、人々は製品を見て『メリットは何だろう?』と疑問に思うはずだ。仮想化は鍵となるメリットだ」

 ただし、仮想化技術には既に多くの企業が参入しており、今後は「ちょっとした戦争状態」になると、Illsley氏はみている。

 Illsley氏の予想では、「相当数」の企業が発売時にWindows Server 2008を購入するが、おそらくは試験的な利用で終わり、本格運用に使われる可能性があるのはわずか10%だという。

 また、Illsley氏によると、企業が新しいOSへの移行に慎重になり、最初のサービスパックのリリースまで導入を待つ可能性もあるとのことだ。

 それでも、MicrosoftはサーバOS市場において際立った存在感を持っており、移行の対象となるユーザーベースには強力なものがあると、Illsley氏は話している。

 仮想化機能以外の新機軸として、Microsoftではコントロール機能とセキュリティ機能の改善を前面に打ち出している。

 Microsoft UKのWindowsサーバ製品担当マネージャー、Gareth Hall氏は、顧客の反応には「この製品に対するかなり真剣な興味が認められる」と語る。

 「話を聞くかぎり、かなり前向きとのことだ。ぜひ導入したいと考え、非常に積極的な姿勢を見せている。われわれにとっては心強い話で、今後についても楽観視している」とHall氏は話した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化