編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

オランダのネダスコ、ILOG JRules採用で保険引受業務の生産性を50%向上

CNET Japan Staff

2007-05-30 23:09

 ILOGは5月29日、オランダの金融ホールセール分野の大手で保険引受も行うNedascoがILOGのBRMS(ビジネスルール管理システム)の主要製品である「ILOG JRules」を導入し、生産性を約50%向上したことを発表した。

 Nedascoでは、損害保険、医療保険、生命保険などを提供する保険会社26社が、1200の保険代理店に対して独占的に同社のサービスを提供している。2004年に保険引受業務の自動化を目的にJRulesを採用。保険引受業務の自動化を実現することで、保険証券を1営業日以内に発行できる仕組みを実現した。

 ILOG JRulesが採用されたのは、3000を超える大量の複雑なルールを効率的に運用できる機能が評価されたため。ILOG JRulesの導入により、これまで紙をベースに運用されていた保険証券の受付処理のシステム化を実現。受付処理の高速化、低コスト化を実現し、正確性と効率を向上した。

 ILOG JRulesは適格性審査、リスク調査、料率計算、照会、見積などの作業を含む引受業務全体で利用されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]