編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

グローバルサイン、電子認証サービス、クイック認証SSLなど4サービス

WebBCN (BCN)

2007-07-03 12:05

 グローバルサイン(中條一郎社長)は7月2日、「クイック認証SSL」「企業 認証SSL」「SSLマネージドサービス」「ObjectSign」の4サービスで構成する 電子認証サービス「GlobalSign」の提供を開始した。

 「クイック認証SSL」は、最大256bitのSSL暗号化通信を実現するSSLサーバー 証明書。オンライン審査によって最短2分で発行し、コスト削減と煩雑な手続 きを解消する。価格は年間3万6540円。

 「企業認証SSL」は、最大256bitのSSL暗号化通信と企業実在証明をパッケー ジにしたSSLサーバー証明書。登記簿謄本や帝国データバンク社の情報を元に、 第三者認証局のグローバルサインが企業の実在性を認証する。また、サイトシー ルを用いて一目で企業の実在性が確認できるため、フィッシング対策を強化で きる。価格は年間6万2790円。

 「SSLマネージドサービス」は、事前に企業認証やドメイン登録の手続きを 済ませることで、手続き完了後に即時、企業認証SSLを発行できるサービス。 価格は年間18万円。

 「ObjectSign」は、Windows Vista 64bitカーネルモード対応で、ソフトウ ェアにデジタル署名を行うコードサイニング用の証明書。Microsoft Authenticodeにも対応し、ActiveXコントロールへのデジタル署名にも利用できる。タ イムスタンプのサービスを提供し、署名の証明期間が終了した後でもAuthenticode署名を証明できる。価格は年間5万9850円。なお、販売開始キャンペーン として、9月末までは年間3万9900円で販売する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]