編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日立GP、改ざん検知と複写抑止機能を印刷時に透かし込めるソフト

WebBCN (BCN)

2007-07-25 11:45

 日立公共システムエンジニアリング(日立GP、森内康浩社長)は7月24日、 改ざん検知・複写抑止の2つのセキュリティ対策が可能な印刷文書のセキュリ ティソフト「紙の番人」の複合型モデルを発売した。価格は個別見積もり。

 地紋透かし技術を用いて、「いつ」「誰が」などの印刷時の情報や、複不正 な複写を抑止する複写模様を、印刷時に透かし込むことができる。一枚の印刷 物に、「偽造・改ざん検知機能」と「不正な複写の抑止機能」を持たせること で、重要な印刷文書に対して、さらに強固なセキュリティ対策を施せる。

 日立GPでは、「紙の番人」複合型モデルを、重要書類発行・管理業務、電子 交付文書等の印刷を行う公共団体や民間企業に向けて2010年までに300団体へ の販売を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]