編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

シマンテックの地下経済追跡ツール「Dark Vision」--開発遅延で「暗い見通し」

文:Dan Farber(CNET News.com) 翻訳校正:矢倉美登里、高森郁哉

2007-08-10 18:43

 Symantecは現在、クレジットカードや社会保障番号などの個人データを売買する地下経済の追跡と視覚化を行うアプリケーション「Dark Vision」を開発している。Symantecの最高技術責任者(CTO)Mark Bregman氏は、「当社は地下経済のクラブハウスを探っている。クラブハウスとは、違法に手に入れた情報をやり取りする『安全なスポット』のことだ」と語る。

 Symantec Security Responseの新技術担当ディレクター、Oliver Friedrichs氏によると、同社は2006年9月に初めてDark Visionについて言及したが、まだプレアルファ版の段階だという。

 Dark Visionは、具体的にはSymantecの各種製品と「Google Maps」を組み合わせたマッシュアップだ。このマッシュアップは現在、犯罪者が盗んだデータについての情報をIRC経由でやり取りしているサーバを探し、毎日5〜10台を突き止めている。こうして特定された活動は、Google Maps上に表示されるが、その約半分は米国内に位置している。残念ながら、ID窃盗犯はたえず違うサーバに乗り換えていたちごっことなるため、地下経済の全貌をつかむのは難しい。

 Dark Visionが捕捉したあるメッセージには、名前や生年月日、クレジットカード番号、社会保障番号、住所などが書かれていた(Dark Visionは、クレジットカード番号と社会保障番号を部分的に消して表示する)。また、別のメッセージには、「ハックされた『cPanel』売り出し中、支払い方法は『E-Gold』のみ、当方で入金確認後に送付」と書かれていた。

 「こうしたメッセージでは、最初のうちは情報を小出しにするが、やがてデータベース全体を売ろうとする。たとえば、侵入されたデータベースや、遺失物や盗難品のノートPCなどだ」と、Friedrichs氏は説明する。1人分の個人情報一式は、平均14〜18ドルで入手できる。

 Symantecはまだ、Dark Visionをどのように扱うべきかを決めていない。開発サイクルの遅さを考えると、優先順位は高くないようだ。

 Friedrichs氏は、Dark Visionは研究プロジェクトだと強調する。十分なデータを入手して、信頼に足るサービスを提供できるかどうか、はっきりしないとFriedrichs氏は語る。Dark Visionを製品化する場合、法的問題もネックになる。「5年前のスパイウェアと似ている。政策や規制が技術に追いついていない。革新する必要がある分野だが、これらの分野はまだ法整備が行われていない」と、Friedrichs氏は指摘する。

 法執行機関も、同様の追跡アプリケーションを開発している可能性がある。Symantecは、インターネット活動に関する大規模なデータベースを法執行機関に公開している。「法執行機関がたいてい受身であることは承知している。当社のデータの調査を求められたら、当局にデータを公開している」とBregman氏は述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]