ROIやTCOでビジネスアプリと同等に評価されるWeb2.0テクノロジ--フォレスター調査より

G. Oliver Young(Forrester Research) 2007年08月14日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Web2.0世代のテクノロジを導入することで生まれる価値のほとんどは、実際のところ徐々に上昇する“ソフトバリュー”(数値では表せない価値)であり、したがって、ビジネス上の価値を明確に評価するのは依然として困難だ。

 しかし、このような難しさがあるにもかかわらず、Forrester ResearchG. Oliver Youngが275社のIT部門の意思決定者を対象に調査を行い、2007年7月25日に発表したレポート「IT Will Measure Web 2.0 Tools Like Any Other App」では、すべてのWeb2.0テクノロジが同等に評価されているわけではないことが明らかになった。

 現在のユーザー企業の間で、ビジネスにおける価値評価の平均値が最も高かったのはReally Simple Syndication(RSS)とポッドキャスティング、最も低かったのはソーシャルネットワーキングサービス(SNS)とブログサービスであった。

 一方、Web2.0テクノロジによって最大の価値が得られたと評価した企業群では、導入したテクノロジの種類も最多であることがわかったが、どれが“最高の組み合わせ”なのかは判明していない。また、大半の企業は、Web2.0テクノロジの導入価値を評価する場合に、依然として投資対効果(ROI)や総保有コスト(TCO)などの一般的な評価基準を使っている。

 こうした現状はテクノロジマーケッターにとって二重の難題だ。なぜなら、ビジネス価値の評価を望む顧客企業の期待に応える一方、少しずつ上昇する把握の難しい価値を実感してもらえるよう、導入当初から適切な追跡作業を支援しなければならないためである。

Web2.0時代のテクノロジに求められる評価可能なビジネス価値

 企業が顧客や見込み客、パートナー、および従業員とやり取りする目的で、Web2.0のツールやテクノロジを導入するケースが主流になってきている(注1)。その理由をさらに詳しく探るため、Forrester Researchでは、275社の企業のIT部門における意思決定者を対象に、Web2.0への対応状況に関する調査を実施、各企業がその投資価値をどのような方法で評価しているかを明らかにしようと試みた(注2)。

 これらの企業の一部では、セルフサービス方式のRich Internet Application(RIA)によるサポートセンター利用件数の減少や、RSSフィードからのWebサイトトラフィック、企業内Wikiによるデータベースシステムの置換、といった点が評価基準として挙がっていた。

 しかし、こうした明確な評価基準は、大多数の意思決定者にとっては設定しにくいのが現状である(注3)。さらに多かった回答では、ビジネスの効率性や競争力など、より把握しづらいメリットが現段階のビジネスにおけるWeb2.0の真価と見なされていた(注4)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化