編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

日本IBM、グリッド技術活用したストレージの仮想化ソリューション提供へ

田中好伸(編集部)

2007-08-30 18:52

 日本IBMは8月30日、複数箇所に分散するデータを効率的に管理する「グリッド・ストレージ・ソリューション」を9月14日から提供することを発表した。初期導入時の価格は2496万6900円からとなっている。

 グリッド・ストレージ・ソリューションは、物理的に分散した複数のストレージ環境を、仮想的に一つの大きなストレージ環境として利用できるというもの。物理ストレージの場所を意識することなく、データの保存、検索や読み出しができる。また、ディスク装置のみならずテープ装置も管理対象にできるため、テープ・ストレージ・ソリューションの暗号化機能や改竄防止機能を活用したデータの保管も可能となっている。

 具体的には、レントゲンやCTによる医療画像、CADでの設計図面、報道機関の高解像度写真や動画といった、更新が発生しない参照用の大容量・大量のデータを保管・共有することが必要なシステムで、特に効果を発揮すると説明している。データを分散させることで、障害や災害への対策にも活用できる。

 またグリッド・ストレージ・ソリューションは、データの保存場所やアーカイブ方法などデータの保管ルールを、独自に「ポリシー」として設定・実行できるようにもなっている。ユーザー企業の業務に合った柔軟なストレージ環境の構築や、冗長化による障害対策・災害対策も実現できるとしている。

 データの新規保管の際、物理的に2箇所に自動保存するというポリシーを設定することで、システム全体を冗長化することなくデータを多重化できる。また、常に1カ所のみへの保管というポリシーを設定すれば、最も参照頻度の高い物理ストレージのみに自動的に保管場所を変更することや、一定期間アクセスのないデータを自動的にテープにバックアップを取って、ディスクから削除という設定をすることで、グリッド・ストレージ全体の容量の最適化が可能になっている。

 通常参照している物理ディスクが故障した場合でも、システムからは他のディスクに保管されたデータや、テープへバックアップされたデータを同一のストレージとして参照できることから、データ復元作業の手間を省くことができるという。システムを止めることなく、故障したディスク装置の交換が可能であり、必要な時に必要な分を追加できるため、システムの計画停止も不要になると説明している。

 グリッド・ストレージ・ソリューションの構成例は以下の通り。

  • 最小初期構成:
    グリッドストレージ管理サーバ:IBM System x 3650×4台
    SANストレージ装置:IBM System Storage DS4200(6テラバイト)
    グリッドストレージ用ソフトウェア「IBM Grid Access Manager(GAM)」一式
  • 価格:
    初期導入時最小構成価格:2496万6900円〜
    ディスク1テラバイトごとの追加価格:51万6600円〜
    ディスクは初期構成以降1テラバイト単位で追加が可能

 対応するハードウェアは以下の通り。

  • グリッドストレージ管理用サーバ
    IBM System x 3550
    IBM System x 3650
  • ストレージ
    IBM System Storage DS4000シリーズ
    IBM System Storage DS8000シリーズ
    IBM System Storage EXP3000 SASストレージ拡張装置
    IBM System Storage SANボリューム・コントローラー(SVC)
    IBM System Storage DR550

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]