編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

インテル、サーバ向けプロセッサのクアッドコア製品を発表

藤本京子(編集部)

2007-09-05 20:09

 インテルは9月5日、サーバ向けプロセッサXeonファミリーのクアッドコア製品を発表した。「クアッドコア インテル Xeon プロセッサー 7300番台」(開発コード名:Caneland)は、マルチプロセッサ(MP)サーバ向けでは業界初のクアッドコアのプロセッサという。

吉田氏 最新のXeonプロセッサを披露するインテルの吉田社長

 Xeon 7300番台は、「インテル Coreマイクロアーキテクチャ」がベースとなっており、「これですべてCoreマイクロアーキテクチャへの移行が完了した」と、インテル 代表取締役共同社長の吉田和正氏は説明する。「7300番台は、従来のデュアルコア製品の2倍以上の性能と3倍以上の電力性能を実現している。より多くの処理がより少数のサーバで可能となるため、仮想化やサーバ統合にも最適だ」(吉田氏)

 Coreマイクロアーキテクチャの採用で電力効率に優れた7300番台は、動作周波数が2.93GHzで熱設計電力が130ワットの製品と、動作周波数が2.40GHz、2.13GHz、1.60GHzで電力80ワットの製品、また4ソケットのブレードサーバや高密度のラックマウント型サーバに最適化された1.86GHzで動作する50ワットの製品がある。

 また、7300番台には「インテル バーチャライゼーション・テクノロジー」(インテルVT)が搭載されており、ソフトウェアの仮想化機能をハードウェアでより最適化する。会場には、7月にIntelの投資部門から出資を受けたVMwareの日本法人 代表取締役社長 三木泰雄氏も登場し、実行中の仮想マシンを別のサーバーに無停止で移動させる「VMotion」というライブマイグレーション機能のデモを行った。

 こうしたライブマイグレーション機能は、フェイルオーバーや負荷分散、災害復旧、リアルタイムのサーバメンテナンスなどに有効だ。現在は、アーキテクチャ上の機能が同じサーバ間でのみライブマイグレーションが可能となっているが、インテルが年内にも発表する初の45nmプロセス製造によるプロセッサ「Penryn」(開発コード名)では、45nmプロセスと現行の65nmプロセスとのアーキテクチャの違いをハードウェアで吸収し、異なるアーキテクチャでのライブマイグレーションも可能とする「インテルVT FlexMigration」機能が提供される予定だ。

 7300番台は、同日より出荷開始する。1000個受注時の価格は、X7350(動作周波数2.93GHz、システムバス1066MHz、L2キャッシュ8Mバイト、熱設計電力130W)で26万9000円となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]