どうしてThermoがすごいのか?:Adobe Max 2007より

大野晋一(編集部) 2007年10月04日 04時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米シカゴで開催中のAdobe Max 2007において、Adobe Systemsの新しいRIA開発ツール"Thermo"が披露された。Photoshopなどで作成した画像からRIAのユーザーインターフェース(UI)を作成するものだ。生成されるアプリケーションはFlexアプリケーションとなるが、Flexのコードを書く必要はない。デザイナーでもFlexアプリケーションが作れるというふれこみのThermo、本稿ではThermoがRIA開発に与えるインパクトを説明する。

 Thermoはパーツごとにレイヤー分けされたPhotoshopファイルを読み込み、それぞれのパーツに、ボタン・テキストフィールド・スクロールバー…… というふうなUIパーツとしての定義付けを行うことができるもの。冒頭、RIAアプリケーションが開発できると書いたが、これは少し大げさで、RIAアプリケーション「のUI」が開発可能というのが正しいだろう。しかし、これには大きな意味がある。

これはThermoで四角いUIパーツをテキストボックスとして定義しているところ。右クリックから簡単にできる
こちらはスクロールバー(これも四角を2つ選んで右クリックで定義できる)がどのリストをスクロールさせるかを定義しているところ。アンカーをドラッグ&ドロップするだけとデザイナーフレンドリー

 まず、RIAアプリケーションが抱える問題からおさらいだ。Thermoに関係するところ、つまりUIという側面でいえば以下が挙げられるだろう。

  • 基本的にUIパーツを自作する必要がある
  • それぞれのパーツがマウスオーバーやダウンの際にどう振る舞うかはアプリケーションごとに定義する必要がある
  • UIの開発、および、UIとビジネスロジックを結びつけるというときに、ツールやベストプラクティスが不足している

 通常のアプリケーションであれば、OSやウィンドゥシステムで定義済みのUIウィジェットを使うのでこのような問題は起きない。しかし、RIAはその自由さ故、こうした問題を抱えている。結果、プロジェクトごとにUIデザイナーがUIモックを作り、プログラマがこれをアプリケーションに実装していく課程で様々な問題が起こることになる。コミュニケーションギャップによって、UIデザイナーの意図が正確に反映されないということが起こるわけだ。

 ThermoはUIデザインをデザイナーの手で完結させることでこうした問題の多くを解決できる可能性を持っている。Thermoでは、あるパーツにマウスオーバーした際ツールチップはどういったエフェクトで現れるのか、どのタイミングでフェードインするのかといった、UIの振る舞いがすべて定義可能だからだ。

 こうしたThermoの特徴はRIAならではの自由さを活かした、クールで使いやすいUI作成を促進するだろう。デザイナーの意図が正確に反映される意味は大きい。

 また、Thermoの生成するアプリケーションは純粋なFlexアプリケーション。つまり、これをそのままFlex Builderに読み込ませてプログラマがビジネスロジックと結びつけ、またThermoに読み込ませてUIを修正する、といったワークフローが可能になる。

 これはツールやベストプラクティス不足による工程の戻りが発生しやすいRIA開発にとって非常に大きな意味を持つ。

 また、AdobeではExperience DesignにおいてRIAのUIに冠するベストプラクティス提供を行う。現在アルファ版だが、アドビが優れていると考えるアプリケーションを取り上げたケーススタディ、コメントを付けたり議論をしたり得きるコミュニティ機能などが提供される。もちろん、このサイト自体のデザインやナビゲーションも参考になるものだ。

 Thermoは既にデモンストレーションが可能な動くプログラムが提供されているとはいえ、まだまだコンセプトワークの段階。提供時期もまだ明らかにされていない。今後、より正確なターゲットや提供方法が吟味されていくことになるだろう。

 ThermoによってAdobeはデザイナーという彼らの持つ巨大な顧客層をRIA開発に引っ張り込むことになる。次に期待されるのはデザイナーと開発者を結びつけるツールだ。近い将来、ちょうどBEA SystemsがSOA 360°で行ったような1リポジトリによる開発リソースの管理を実現するツールが提供されるだろう。Adobeがエンタープライズ開発市場を攻略したいのであればThermoはRIA開発の中でもさらにひとつのピースに過ぎないはずだ。FlexやColdFusion、そしてAIRという素晴らしいRIA技術をいかすためにも、彼らがクリエイティブ市場でおこなったようなフルスイート開発環境の提供を期待したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化