日本HP、短期間で日本版SOX法対応を実現するデータ保存ソリューション「HP IAP」を発表

CNET Japan Staff

2007-10-05 19:21

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は10月4日、メールなどのデータを安全に保管して活用するデータ保存ソリューションの新製品「HP Integrated Archive Platform(HP IAP)」を発表した。

 日本HPでは、これまでデータ保存のソリューションとして「HP Reference Information Storage System(HP RISS)」を提供してきた。HP RISSは、SEC(米国証券取引委員会)の求める要件を満たしたデータ保存ソリューション。大手金融機関などを中心に全世界で多くの導入実績がある。

 今回、ますます厳密に求められるコンプライアンス実現の要求に対応することを目的に、製品名をHP IAPに改名。同製品は、金融機関などの大規模企業だけでなく、製造、流通など多用な業種、中堅・中小など、さまざまな規模の企業に対応する製品群で構成されるほか、導入サービスも提供される。

 HP IAPの価格は1260万円より、導入サービスは525万円より(共に税込)となる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]