編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2 4.55 リリース

荒浪一城

2007-10-15 22:46

 14日、UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2 4.55がリリースされた。UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2は、オリジナルのTeraTerm 2.3の原作者公認の後継版。オープンソースで開発されており、SSH2 プロトコルとUTF-8表示に対応している。

今回のリリースでの変更点は下記のとおり。

  • TeraTerm(Ver 4.55)
    • アプリケーションエラーが発生したときに、スタックトレースとレジスタ情報をメッセージボックスに表示させるようにした。メッセージボックスの内容は CTRL+C でクリップボードへコピーできる(Windows 2000以降)。
    • New connection ダイアログの Host ドロップダウンで、Ctrl+d, Ctrl+k ショートカットキーをサポートした。それぞれ「一文字削除」「行末まで削除」に対応する。
    • シリアル接続のCOM最大ポートを256まで拡張した。
    • フォントの Bold style 設定のデフォルト値を On に変更した。
    • getdir マクロコマンドでクラッシュする問題を修正した。
    • ログファイル名に strftime のフォーマットを指定したときに展開されない問題を修正した。
    • SSH2対応TTSSH(2.43)へ差し替えた
  • TTSSH(Ver 2.43)
    • 自動ログインの認証方式にチャレンジレスポンス(キーボードインタラクティブ)を追加した。コマンドラインオプションの /auth に challenge を追加した。
    • known_hostsファイルへ公開鍵を追記もしくは置換する際、known_hostsダイアログでのユーザの問い合わせを確認してから、サーバ通信を再開するようにした。これによりknown_hostsの確認を待たずに、サーバへユーザ情報を送ってしまう問題を回避する。
    • New connection ダイアログの Host ドロップダウンで、Ctrl+d, Ctrl+k ショートカットキーをサポートした。それぞれ「一文字削除」「行末まで削除」に対応する。
    • OpenSSL 0.9.8fへ差し替えた

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]