編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

SMPシステムでプロセッサが内蔵キャッシュを主メモリに書き戻しする時間を表示

OSSメッセージペディア

2007-10-23 15:00

per-CPU timeslice cutoff: timeslice usecs.

対処

通知情報のため、対処の必要なし。

説明

SMPシステムにおいてプロセッサが内蔵キャッシュの内容を主メモリにフラッシュ(書き戻し)するのに必要な時間を表示する。

プロセッサ間に渡りプロセスをスケジューリングする時に、プロセッサのキャッシュ内容を主メモリに書き戻さなければならない。フラッシュにかかる時間はプロセッサ内蔵のキャッシュのサイズ及びメモリへの転送帯域によって変ってくる。キャッシュサイズが小さいほど時間が短い。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウド基盤

    あまり知られていない“クラウド導入の現情”─業界人が本音で語る!

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ施策の鍵を握る制御システム(OT)とITの統合、そのポイントと対策を解説

  3. 運用管理

    ダッシュボードは時代遅れ、最新クラウド分析で誰にでもパーソナライズされたインサイトを提供する方法

  4. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  5. 経営

    いまさら聞けないクラウドインフラの基本ー初級技術書の定番 IaaS for dummies公開中

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]