編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

モバイル開発者の間で1番人気はグーグル--米調査

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-10-31 14:30

 米調査会社Evans Data Corporationが米国時間10月30日に発表した最新の調査結果によると、無線端末向け位置情報アプリケーションの開発者の間で最も人気が高いのはGoogleで、2位以下はMicrosoftとNokiaが続くという。

 この調査結果の発表は、Googleにとっては絶妙なタイミングといえる。最近、Google Phoneに関する新たなうわさが立たない週はない。Googleからそのうわさに関するコメントは得られていないが、同社は来週何らかの発表を行うという話もある。

 Evans Dataの社長兼最高経営責任者(CEO)であるJohn Andrews氏は、「インターネット企業最大手のGoogleは、この1年間モバイル市場に重点を置き、特に小型スクリーン向けの数多くの新しいサービスやアプリケーションを導入、強化してきた。(その中に位置情報サービスも含まれている)」と述べ、さらに次のように続けた。「仮に2007年末までに携帯電話利用者がおよそ30億人に達すれば、Googleが携帯電話市場を直接ターゲットにしたコンテンツの分野で、存在感をさらに拡大する可能性は極めて高い」

 開発段階にある位置情報サービスの最も一般的な利用法は、個人の追跡や自動車の追跡だ。また、同調査に回答した開発者のおよそ3分の2が、2008年にオープンソースを利用予定であると答えた。

 この調査は、9月に世界各国の無線関連開発者およそ400人を対象に実施された。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したも のです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]