編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

W3C、次世代XHTMLフォーム規格「XForms 1.0 Third Edition」を勧告

原井彰弘

2007-11-01 11:33

 W3C(World Wide Web Consortium)は10月29日、XHTMLのフォームに関する次世代規格「XForms 1.0 Third Edition」を勧告としてリリースした

 XFormsは、ウェブのフォームに関する次世代規格。XFormsでは、現在のXHTMLのフォームを「XFromsモデル」「インスタンスデータ」「ユーザインタフェース」の3つに分割する。その結果、見た目と内容の分離や、フォームの再利用、フォームに入力されたデータの強い型チェックが行えるようになり、それがサーバとの通信回数の減少や、JavaScriptによる入力値のチェックの不要化に結びつくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]