編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Firefox」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性

荒浪一城

2007-11-12 20:12

 Secuniaは11月9日(デンマーク時間)、Webブラウザ「Firefox」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が発見されたと公表した。影響度は5段階中下から2番目の「Less critical」に位置づけられている。QuickTimeやAdobe Reader、Gmailの脆弱性を発見したことで話題になった、GNUCITIZENが発見、報告している。

 影響を受けるバージョンは、Mozilla Firefox 2.0.x。米インシデント対応機関のUS-CERTなどによると、当面は拡張機能「NoScript1.1.8」以降を利用するなどして回避するよう呼びかけている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]