クリアスウィフト、Linux版スパム対策機能を既存ユーザー向けに無償提供

田中好伸(編集部)

2007-11-16 19:56

 クリアスウィフトは11月16日、コンテンツセキュリティソフト「MIMEsweeper for SMTP」の日本国内の既存ユーザーを対象に、迷惑メール(スパム)対策機能に特化したソフト「MIMEsweeper for SMTP Edge Server」を12月10日から同社ウェブサイトから無償配布することを発表した。

 Edge Serverは、情報漏洩対策のために、送信メール管理を主な目的としてファイアウォールの内側に設置されることが多く、スパム対策機能を有効活用できなかったというMIMEsweeper for SMTPのユーザーに対して、スパム対策機能だけをDMZ(DeMilitarized Zone:非武装地帯)上に展開したものになる。

 またEdge Serverは、MIMEsweeper for SMTPと親和性があることに加え、Linux環境での柔軟性と機能性を提供。今回の無償配布では、Linux版である同製品をWindows版のMIMEsweeper for SMTPから分散してDMZ上に配置することで、スパム対策機能が最も効率的に提供されると同社では説明している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]