編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

「Perl 5.10.0 RC1」リリース--5.8のリリース以来約5年半ぶり

原井彰弘

2007-11-20 13:56

 Perlのモジュールが多数登録されているライブラリ「CPAN」で11月17日、プログラミング言語「Perl」の新バージョン「Perl 5.10.0 RC1」が公開された。

 今回リリースされたPerlの新バージョンでは、自動的に末尾に改行を挿入するprint関数「say」が新たに追加されたほか、定義されている方の値を返す2項演算子「//」や「dor」「err」も追加された。また、関数の呼び出しが終わった後も関数内部で状態を保持し続ける変数「State変数」を簡単に定義することが可能になった。そのほかにも、いくつかの新しい言語仕様が盛り込まれている。

 Perlのメジャーリリースは、Perl 5.8.0がリリースされた2002年7月以来、行われていない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]