編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

フォトレポート:世界最大級の「PEZディスペンサー」博物館を訪ねて - 14/15

CNET News.com Staff

2007-11-27 16:15

 サンフランシスコから車で南へ20分ほど向かったところにある、カリフォルニア州バーリンゲーム。この街の自動車ショールームに囲まれた一角に、博物館のBurlingame Museum of Pez Memorabiliaはある。ここは、頭部に動物やキャラクターの顔を持つ棒型キャンディケース「PEZディスペンサー」を展示した、おそらくは世界最大規模の博物館だ。Gary Doss氏とNancy Doss氏が夫婦で運営しているこの博物館は、今までに製造されたPEZディスペンサーをすべて集めたコレクションを呼び物にしている。また、人気のある特注モデルも展示されている。設立から約12年経つこの博物館はもともとコンピュータ販売店で、Doss夫妻はPEZディスペンサーを客寄せに利用し、副収入も得ていた。だが、キャンディとディスペンサーを売り始めてから1年後、夫妻はコンピュータの販売をやめて、PEZだけを扱うことにした。写真のディスペンサーは1968年製で、Gary Doss氏のお気に入りだ。「Luv」という単語がサイケデリック風のモチーフにとしてあしらわれ、頭部には目玉がついている。
 Gary Doss氏のお気に入りのPEZディスペンサーに、1964年製の宇宙飛行士(左から3番目)と1974年製のパイナップル(右から2番目)がある。Doss氏によれば、3000ドルを払って手に入れたこのパイナップルバージョンは、コレクションを完成させるのに必要な最後のディスペンサーだったという。

 Gary Doss氏のお気に入りのPEZディスペンサーに、1964年製の宇宙飛行士(左から3番目)と1974年製のパイナップル(右から2番目)がある。Doss氏によれば、3000ドルを払って手に入れたこのパイナップルバージョンは、コレクションを完成させるのに必要な最後のディスペンサーだったという。

提供:Daniel Terdiman/CNET News.com

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]