編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

.NET向けRubyコンパイラ「Ruby.NET」リリース:.NETでRubyでの開発が可能に

原井彰弘

2007-11-22 19:08

 Ruby.NETプロジェクトは11月20日、.NETプラットフォーム向けRubyコンパイラ「Ruby.NET 0.9」をリリースした

 Rubyは、まつもとひろゆき氏が中心となって開発を進めている国産の動的オブジェクト指向プログラミング言語。ウェブアプリケーションの開発を大幅に高速化することが可能なフレームワーク「Ruby on Rails」が登場してから、世界的にも注目を集めるようになった。

 Ruby.NETは、そのRubyのソースコードを.NETプラットフォームで動作する中間コード(MSIL)に変換するコンパイラ。Rubyを.NET上で動作させることによって、C#のような他の.NET対応言語で作成したコンポーネントとの相互運用が可能になるほか、.NETプラットフォーム向けに開発されたさまざまな開発ツールを利用することが可能になるといったメリットがある。

 なお、Ruby.NET 0.9を利用するには.NET Framework 2.0が必要となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]