編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

グループワン、広告付き明細書も印刷できる「DOC1」の新版を販売開始

田中好伸(編集部)

2007-11-27 16:39

 ダイレクトメールなどのチラシ類は2秒しか見られないのに対して、明細書などのたぐいは45秒も見られる――。ある調査によれば、チラシと明細書とでは、このような違いがあるという。

 では、もし明細書などに広告を載せたら、その効果は大きなものになるだろう。さらに、富裕層の顧客には海外旅行商品の広告を、女性にはエステティックのサービス案内を載せるといったように、個別の顧客ごとにあわせた広告を載せられるとなったら、その効果はますます高いものになると言えるだろう。

 グループワンソフトウエアではこのほど、こうした明細書や報告書、見積書などに顧客にあわせたパーソナルな情報を盛り込んで印刷でき、同じものをデジタルデータ形式にも出力できるソリューションの新版となる「DOC1 Seriese 5 Version 5.4」の発売を開始した。

 同社の説明によれば、DOC1を利用すれば、たとえば顧客の属性情報に基づいた個別の文書類を一度に印刷できるなど、「バリアブル」な文書を作成可能になると同時に、同じ内容のものを電子形式で配信することも可能になるという。

 新版となるVersion 5.4では、DOC1データとデータ構造を記述するXMLスキーマをエクスポートする機能が付いた「Group1 Data Flow」との統合が容易になっているという。DOC1のデータフォーマットエディタにより、データファイルのインポートが可能になり、エディタで関連データを自動的にマークアップできるようになっている。

 新版ではまた、マージンノートと呼ばれる機能によって、関連する特記事項を本文の脇に注釈のように配置することもできる。これによって、文章中の重要事項に注意を向けることができるようにもなるとしている。

 同社では、DOC1を他の同社製品と連携させて、顧客情報の精度を向上させるソリューション「Customer Communication Management」(CCM)を提供している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]