フィッシング用URLに新傾向--「文字数の減少」を専門家が指摘

文:Marcus Browne(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年12月04日 15時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィッシング詐欺を企てる犯罪者たちは、詐欺目的のリンクをさも正当なリンクであるかのように見せかけるため、悪意あるサイトに短いURLを使用している。

 IBMのオンラインセキュリティ部門であるInternet Security Services(ISS)によると、最近、犯罪者らがフィッシング用のURLに使用している文字数が大幅に減少しているという。

 ISSが運営するFrequency Xブログの記事によると、「これまでアナリストらが見てきた詐欺的なフィッシングURLに含まれるホスト名は、常に30〜37文字で構成されていた」が、「その傾向に大きな変化が見られ」フィッシング用のホスト名に使用される文字数は、ここ数週間で平均わずか17文字に減少したという。

 最近、サイバー犯罪者が利用するソーシャルエンジニアリング手段は一段と高度化、巧妙化しつつあるが、今回発見された変化はその傾向がさらに進んだものだとISSのRalf Iffert氏は考えている。Iffert氏は、X-Force脅威分析チームの研究者で、Frequency Xブログの執筆者でもある。

 「(詐欺師たちが)より短いURLを採用したのは、潜在的被害者らに(URLに対する)疑念を抱かせないようにするためのようだ」(Iffert氏)

 また、ISSの上級IT専門家のSteve Reddock氏は、この傾向は今後さらに強まると見ている。「この傾向は数カ月前から見られ、決して一過性のものではない」(同氏)

 Reddock氏によると、詐欺師たちはしばしば新たな技術の実験を行うが、実験期間はごく短期間だという。しかし今回の場合、詐欺の手段として短いURLを使用する手法がこれだけ長期間使用されているということは、この手法がサイバー犯罪者から良い事例と考えられていると見ていいだろう。

 「サイバー犯罪者らの目的はあくまで金儲けだ。彼らのビジネスは非常に効率的だ」(Reddock氏)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化