編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフト、「Windows Server 2008 日本語版 RC1」の提供を開始

目黒譲二

2007-12-11 18:22

 マイクロソフトは12月10日、次期サーバーOSの出荷候補版である「Windows Server 2008 Release Candidate 1(RC1)」日本語版のダウンロード提供を開始した。

 Windows Server 2008 RC1は、Windows Server 2008の製品出荷前における最終ベータプログラムで、ユーザーやパートナー企業からのフィードバックを反映し、Group Policyの設定を容易にする「Group Policy Preferences」機能が新たに追加されている。

 今回提供を開始した日本語版 RC1では、ほぼすべてのユーザーインターフェースが日本語化されており、より製品版に近い使用感となっているという。

 今回の日本語版 RC1の提供開始に併せて、トレンドマイクロより、同OSに対応した「ウイルスバスター コーポレートエディション サーバ版」試用版が配布される。

 Windows Server 2008 RC1およびウイルスバスター コーポレートエディションサーバ版 試用版の提供開始により、ユーザー企業およびパートナー企業各社は、より広範囲な評価の実施と、対応製品やソリューションの提供に向けた準備が可能になるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]