編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

フォトレポート:マイクロソフトのバグハンターたち

文:CNET New.com Staff  翻訳校正:アークコミュニケーションズ、磯部達也

2007-12-14 10:00

 Microsoftではバグハンターたちが過去10年にわたり、Microsoftのセキュリティ慣行を形づくるのに力を尽くしてきた。CNET News.comスペシャルレポートでは、今日のセキュリティ慣行が同社が直接学んだ手痛い教訓にどれだけ原因をたどることができるかなどを紹介している。これはその記事にまつわるフォトレポートである。こちらの写真はMicrosoftのAndrew Cushman氏が、セキュリティの重要性を強調するためにバグの衣装に身を包む様子。1998年の社内「バグバッシュ」で衣装を身に付けるCushman氏の隣にいるのは、Windows開発チームリーダーのBrian Valentine氏。「バグスーツを着たのは、チームメンバーが面白がって参加して来させるのが狙いだ。私が馬鹿をやるほどミーティングが重要なんだということを身をもって示した」と語る。Cushman氏はMicrosoft Security Response Centerのディレクター。
 Microsoftではバグハンターたちが過去10年にわたり、Microsoftのセキュリティ慣行を形づくるのに力を尽くしてきた。CNET News.comスペシャルレポートでは、今日のセキュリティ慣行が同社が直接学んだ手痛い教訓にどれだけ原因をたどることができるかなどを紹介している。これはその記事にまつわるフォトレポートである。こちらの写真はMicrosoftのAndrew Cushman氏が、セキュリティの重要性を強調するためにバグの衣装に身を包む様子。1998年の社内「バグバッシュ」で衣装を身に付けるCushman氏の隣にいるのは、Windows開発チームリーダーのBrian Valentine氏。「バグスーツを着たのは、チームメンバーが面白がって参加して来させるのが狙いだ。私が馬鹿をやるほどミーティングが重要なんだということを身をもって示した」と語る。Cushman氏はMicrosoft Security Response Centerのディレクター。

 Microsoftではバグハンターたちが過去10年にわたり、Microsoftのセキュリティ慣行を形づくるのに力を尽くしてきた。CNET News.comスペシャルレポートでは、今日のセキュリティ慣行が同社が直接学んだ手痛い教訓にどれだけ原因をたどることができるかなどを紹介している。これはその記事にまつわるフォトレポートである。こちらの写真はMicrosoftのAndrew Cushman氏が、セキュリティの重要性を強調するためにバグの衣装に身を包む様子。1998年の社内「バグバッシュ」で衣装を身に付けるCushman氏の隣にいるのは、Windows開発チームリーダーのBrian Valentine氏。「バグスーツを着たのは、チームメンバーが面白がって参加して来させるのが狙いだ。私が馬鹿をやるほどミーティングが重要なんだということを身をもって示した」と語る。Cushman氏はMicrosoft Security Response Centerのディレクター。

提供:Microsoft

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]