北京オリンピックのメダルをハッキングから防衛せよ!(ZDNet Japanブログより)

Richard Stiennon(Fortinet)

2007-12-20 13:35

 多くのセキュリティ業界関係者は、ここ数年の間、2008年のオリンピックと何らかの接点を持っています。北京で行われるこのオリンピックの安全な運営に責任を負っているIT関係者に私が初めて会ったのは、2002年のことでした。

 その当時懸念されていたのは、ハッカーが何らかの方法で、リアルタイムな競技の点数報告に妨害をかけ、結果を改竄してしまうことから守るということでした。しかし現在では、スポーツチームのITシステムに事前に侵入し、トレーニング状況、能力、その他、たとえばセーリングのチームにとっての“天気”など、物理的な要素に関しての情報を得ることを目的とするようなハッキングが現実に起こっています。

全文はこちら-「脅威のカオスに立ち向かう」

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]