12月のウイルス傾向に大きな変動なし--ソフォス調べ

吉澤亨史

2008-01-07 19:44

 ソフォスは1月7日、2007年12月のウェブベースとメールベースのコンピュータウイルスそれぞれの報告数をまとめた「Webウイルストップ10」「メールウイルストップ10」を発表した。

 ソフォスのグローバルモニタリングチームの調査によると、12月は11月に比べて若干の変化はあったものの、ウイルス傾向に大きな変動は見られなかったとしている。しかし、同社が最近実施したウェブ調査によると、2008年のITセキュリティ環境は、2007年と同等もしくはそれ以上に悪化すると考えている人が70%にのぼることが判明しているという。

 12月のトップ10メールウイルスの上位は、「Troj/Pushdo」が35.8%で1位、「W32/Netsky」が28.1%で2位、「W32/Mytob」が6.9%で3位、「W32/Strati」が5.3%で4位、「Mal/Dropper」が5.2%で5位となっている。また、ウェブウイルストップ10の上位は、「Mal/Iframe」が50.8%で1位、「Mal/ObfJS」が19.2%で2位、「Troj/DRClick」が14.6%で3位、「Troj/Unif」が3.0%で4位、「Troj/Decdec」が2.4%で5位となった。

 また、ソフォスが検知したマルウェアに感染したウェブサイトをホスティングしている国別にまとめたランキングは、1位が中国(香港を含む:40.9%)、2位がアメリカ(33.9%)、3位がロシア(6.8%)、4位がドイツ(3.8%)となっている。中国が引き続きトップとなっているが、これはウェブサイトの脆弱性をついて悪質なプログラムをサイト上に埋め込むマルウェア「Iframe」による感染が原因だという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]