センドメール、メールゲートウェイフィルタに迷惑メール対策機能を標準搭載

CNET Japan Staff

2008-01-10 20:18

 センドメールは1月10日、送受信メールの通数やコネクション数などをゲートウェイで制御するメールゲートウェイフィルタ「Mailstream Flow Control」に、迷惑メール対策機能である「SMTP 認証トラフィック制限」を標準機能として搭載したことを発表した。

 SMTP 認証トラフィック制限は、SMTP認証によるユーザー身元認証結果に基づいて、ユーザーごとの単位時間あたりのメール送信数制限を設定できる機能。この新機能により、新たにプログラム開発することなく、容易にSMTP認証によるスパム対策が可能になる。

 SMTP認証は、迷惑メールの撲滅を目指す業界団体であるJEAG(Japan Email Anti-Abuse Group)が、ISPに対して導入を提案している機能。Mailstream Flow Controlは、あおぞら銀行、楽天、Wells Fargo、JP Morganなどの企業や、So-net、Yahoo! JAPAN、ブロードバンドセキュリティなどのxSPに導入されている。

 Mailstream Flow Controlの価格は、オープンプライス(参考価格は、1サーバあたり約140万円)。既存のMailstream Flow Controlの保守契約ユーザーには無償で提供される。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]