トレンドマイクロなど、アジアの日系企業向けセキュリティ事業で協業

吉澤亨史

2008-01-15 21:23

 トレンドマイクロとシンガポールのTT Network Integration ASIA(TTNI)は1月15日、アジア地域の多国籍企業を対象に、セキュリティ監視サービス「TTNIエンドクライアントサービス」を2月1日から提供開始すると発表した。今後1年間の販売目標は5000万円としている。

 今回のサービスは、顧客企業の拠点内に導入されたトレンドマイクロのクライアント・サーバ向け総合セキュリティ対策製品(ウイルスバスター コーポレートエディション)を、TTNIデータセンターから遠隔から24時間365日で管理するサービス。トレンドマイクロのパートナー向けトータルコンサルティングサービス「トレンドマイクロ エキスパートサービス」を基盤に構築され、TTNIが販売、運用を行う。

 サービス内容は、不正プログラム対策と緊急セキュリティインシデント対応、監視レポートとなっており、インシデント対応ではTTNIデータセンターとトレンドマイクロの「トレンドラボ」が連携し、顧客のネットワークで発生したウイルスのアウトブレイクなどのセキュリティインシデントに対し、迅速に調査し、駆除ツールなどの緊急対応策を提供する。

 日系企業のアジア地域への工場進出が活性化する中で、情報システム管理者は地域の拠点で発生するインシデントに対して柔軟で迅速な対応が迫られている一方で、セキュリティポリシーの徹底が困難である現状がある。そこで両社は、クライアントPCのセキュリティ対策をアウトソーシングすることで、管理者のセキュリティに関る負荷を軽減し、安心して本来の業務に集中できるよう、今回のサービスを開始する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]