編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

藤沢市がミラポイントの「Mirapoint RazorGate」でスパム排除に成功

CNET Japan Staff

2008-01-16 19:11

 ミラポイントジャパンは1月16日、セキュリティアプライアンス「Mirapoint RazorGate」が藤沢市役所に採用されたと発表した。システムの設計や導入、サポートは、ネットワンシステムズが担当した。

 藤沢市役所は、2006年にこれまで職員ポータルシステムとして利用していたグループウェアの刷新にあたり、職員個人にメールアドレスを付与することになった。しかし、メールアドレスの付与と共にスパムの増加が局面化し、2007年2月より対策を本格的に計画した。

 同市は、導入や運用管理が容易であることから、当初からアプライアンス型ゲートウェイシステムに注目、スパム対策機能、スパム検知率および誤検知率、また5年間の総所有コストを評価した上でMirapoint RazorGateを選定した。

 新システムは、高可用性を確保するために、2台のMirapoint RazorGateによるコールドスタンバイ構成とし、「Mirapoint RAPID Anti-Spam」を中核とするマルチレイヤプロテクションによりスパムメールを排除、導入後はメール全体の70~80%を占めるスパムを排除することができた。

 さらに、スパムの更なる対策として、Mirapoint RazorGateの機能の1つである「MailHurdle」を立ち上げ、SMTPレイヤ上でのスパム排除を行うと共に、Mirapoint RAPID Anti-Spamの負荷軽減と効率向上を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]