編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アイドルスレッドにおいてmwaitを使用することを示すメッセージ

OSSメッセージペディア

2008-01-17 15:00

Using mwait in idle threads.

対処

通知情報のため、対処の必要はなし。

説明

アイドルスレッドにおいてmwaitを使用する。

マルチスレッドプログラムにおいて1つのスレッドがある処理が完了するまで他のスレッドが処理を待つという同期処理の場合が沢山ある。アイドリング処理はそのための実装である。処理方式はpoll, mwait, haltの3つがある。monitor/mwaitコマンドのサポートされるプロセッサであれば、mwait方式が自動的に選択される。また、カーネルパラメータにidle=poll又idle=haltを指定可能であるが、指定しない場合はディフォルトはhalt方式が選択される。halt方式は割り込みが発生するまでプロセッサがアイドリングする方式である。一方、poll(問い合わせ)方式は特定なレジスタの内容が変るまで問い合わせ続けるする方式である。mwait方式では、mwait命令を発行すると、そのスレッドが休止状態になり、monitor命令で指定されたメモリアドレスに他のスレッドが書き込みを行なうまでアイドリング中のスレッドがCPUリソースを消費しないため、パフォーマンスの低下を避けられる。

このカーネルバージョンでは、本メッセージの前にmonitor/mwait feature present.が先に表示される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]