富士通がSaaS事業を本格化--「セールスフォースと戦うわけではない」

藤本京子(編集部) 2008年02月07日 17時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は2月7日、SaaS(Software as a Service)事業を本格展開すると発表した。SaaSビジネスを開始したいと考えるパートナー企業に対し、富士通がデータセンターなどのSaaSプラットフォームを提供する。

 SaaSを提供する企業としては、Salesforce.comなどがすでに市場でプレゼンスを高めているが、富士通の提供するサービスはインフラが中心となり、アプリケーションそのものはパートナー企業が提供する。富士通 経営執行役常務 サービスプロダクトビジネスグループ長の石田一雄氏も、「Salesforce.comと競合するものではない」と説明する。

石田氏 経営執行役常務 サービスプロダクトビジネスグループ長 石田一雄氏

 石田氏は、「SaaSを開始するには、ハードウェアなどの初期投資はもちろん、最新テクノロジの習得やサポート体制、を整えるなど、さまざまな障壁が存在する。富士通では、こうした企業にインフラや技術支援を提供する」と説明した。実際にエンドユーザーにSaaSでアプリケーションを提供するのはパートナー企業となるため、「パートナーとの『共創』が大切だ」と石田氏は強調した。

 現時点で富士通のSaaSビジネス提供に賛同している企業は、イリイ、エス・エス・ジェイ、応研、オービックビジネスコンサルタント、きっとエイエスピー、クレオ、サイボウズ、ソフトクリエイト、ピー・シー・エー、マイクロソフト、弥生の11社。

 ただし、これらの企業がすぐに富士通のSaaSプラットフォームを利用して自社アプリケーションをSaaS展開するかどうかは、各企業の判断に委ねられている。石田氏は、「パートナー企業も従来のライセンスモデルが念頭にあるため、SaaSで安価にアプリケーションを提供することに抵抗感のある企業も多い」と話す。ただ、富士通自身も自社のERPアプリケーション「GLOVIA」をSaaSで提供することを視野に入れ、「自ら新しいモデルを提供する意識を持って市場を開拓する」(石田氏)としている。

 富士通は、今後SaaS分野の売上を年率30%成長させ、3年間で1300億円の売上を達成したいとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化