MSのバルマーCEO、欧州連合の追加制裁と米ヤフーについて語る

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年02月28日 16時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロサンゼルス発--記録的な額の制裁金を科されたばかりのMicrosoftだが、同社の最高経営責任者(CEO)であるSteve Ballmer氏は米国時間2月27日、同社は欧州規制当局の命令を完全に遵守していると語った。

 Ballmer氏はCNET News.comのインタビューに応じ「これは現状を対象としたものではない。現在当社は法令を遵守しており、当局もそう判断している。これは、Kroes氏(欧州委員会競争政策担当者)が2007年秋に述べた、法令遵守以前の活動に対する制裁金だ。過去に法令違反があり、それに対して制裁金を科すとされていた」と述べた。

 しかし、同社が規制のハードルを乗り越えたとまでは主張しなかった。

 「市場に大きな影響力を持つ企業として、世界中の規制当局から常に注視されている」(Ballmer氏)

 Ballmer氏は、同社が先週、相互運用性の大幅強化を発表した時には、制裁金が科されることについては既に知っていたという。

 「検討されていることは知っていた。今週とは思わなかったが、いずれ科されることはわかっていた」(Ballmer氏)

 Ballmer氏はYahooについて、新しい情報にふれることはほとんど無く、Microsoftが次に何をするのかについても「ニュースがあれば真っ先に知らせよう」と述べただけで、何も明かさなかった。

 これほど長引くと予想していたかとの問いには「多くの買収において、いずれも長期に及ぶものだ」という答えが返ってきた。

 次に、AppleがMicrosoft Exchangeサーバに直接接続するライセンスの取得を来週発表するかどうかを尋ねたが、これについても明確な答えはなかった。

 「彼らのライセンスに関しては特にコメントすることはない。しかし、Appleがそうしたことを実現できるようになるとすれば、それは当社の相互運用性という考え方にかなっている」(Ballmer氏)

 Ballmer氏に対するインタビュービデオ(英語)。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化