マイクロソフト、IE 8の消費者向けベータは今夏を予定

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-03-06 11:50

 ラスベガス発--ブラウザ「Internet Explorer(IE)8」は現在、誰でもダウンロードできるようになったが、このリリースはウェブ開発者向けに用意されている。しかし、この夏にリリースが予定されている2番目のベータは、広い人々を対象とする、とMicrosoftのブラウザ担当上級幹部がCNET News.comに述べた。

 ゼネラルマネージャーを務めるDean Hachamovitch氏は、米国時間3月5日にリリースされたBeta 1について、「それはパブリック版だ」と述べ、「Microsoft.comから入手可能だ。だれでもダウンロードできる」と説明した。

 Web Slicesのような機能は消費者好みかもしれないが、「(現行の)ベータは開発者向けとなっている」(Hachamovitch氏)

 Microsoftは、IE 8正式版のリリースがいつかを明言していない。また、Hachamovitch氏は、同ブラウザのリリースが同社次期OSの「Windows 7」と同時期になるかについても、語ることを拒否している。同氏は、XP版IE 7が公開されたのはWindows Vistaの前なので、技術的には可能だと語るにとどめた。

 IE 7ベータの場合同様に、テスト版IE 8をインストールする場合、現行のブラウザを置き換える必要がある。

 IE 8ベータは、64ビット版と32版のWindows VistaとWindows Vista SP1、Windows XP Service Pack2、Windows Server 2003および2008で動作する。

 Hachamovitch氏によると、Microsoftは同ブラウザの設計において、さらなる互換性を得ながら機能を追加するための方法を見つけようとしているという。後者の部分では、同氏は「Activities」として知られている消費者向け機能を紹介した。同機能では、文字列の一部を選択して、例えば、Dictionary.comで調べたり、MicrosoftやGoogleのサービスで地図検索したりすることができる。

 「現在、多くの人にとってウェブは、『何らかのアセンブリが必要』なものとなっている」と同氏は述べる。「これにより、利用するサービスと訪れたサイトが統合される」(Hachamovitch氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]