編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

サイト脆弱性をチェックしよう!--第9回:AppScanによるアプリ脆弱性の自動検査 - (page 3)

池田雅一(テクマトリックス)

2008-03-11 23:51

2)探査(巡回)フェーズ

 先に述べたように、検査にはURLとHTTPリクエストヘッダ、Cookie、パラメータの情報が必要となる。

 探査フェーズでは開始ページから順番に検査対象のリンクやフォームをブラウザなどで表示させていく。検査であることを意識する必要はなく、アプリケーションの仕様どおりの正しいデータを入力することで、検査ツールがリクエストとレスポンスを記録、分析を行う。このデータはテスト結果の比較対象でもあり、脆弱性の判断の根拠として活用される。

 この情報を元に次のテストフェーズで送信するリクエストが作成される。

 AppScanの探査方法には開始ページから自動的にリンクやフォームをたどる「自動探査」と、手動でリンクやフォームをたどっていく「マニュアル探査」がある。

 自動探査では、事前に設定したパラメータ名を含むパラメータについては設定した値を入れてリクエストを作成する。設定したパラメータ名と異なる場合には、既定値が使われる。また、設定によりFlashやJavascriptを解析してリンクを発見することもできる。

 しかし、あるパラメータが特定の値をとったときにアプリケーションの挙動が変わる場合など、すべての処理を行うことができるわけではない。

 マニュアル探査では、IEコンポーネントを使用した内部ブラウザが起動し、それを用いてページを巡回する。このとき、パラメータには正常な処理を行う値を入力する。また、AppScanをProxyとして利用することで、携帯電話エミュレータや他のブラウザを使用してページの巡回が可能。自動探査に比べ、正確にページを巡回することができる。

探査フェーズ AppScanをProxyとして利用することで、自動探査に比べ、正確にページを巡回することができる(※クリックすると拡大画像が見られます)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]