編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MS、セキュリティスイート「Stirling」のパブリックベータ版を公開

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-04-09 11:21

 Microsoftは米国時間4月8日、セキュリティスイート「Stirling」のパブリックベータ版をRSA 2008でリリースした。

 セキュリティパッケージのStirlingは、Forefrontソフトウェアの次期バージョンで、一元化された管理コンソールを提供し、PCやサーバ、そして、インターネットにアクセスするコンピュータにポリシーを伝えることを可能にする。

 管理者はシステムを設定することで、ポリシーが自動的に従われるようにでき、また、悪用されているコンピュータをネットワークから遮断するなどのさらなる処置の前に、管理者の許可が必要になるようにもできる、とMicrosoftのAccess and Security Divisionでゼネラルマネージャーを務めるRyan Hamlin氏は述べる。

 同コンソールは見やすく、個々のPCレベルにまでネットワークに対するセキュリティ上の脅威が重要度に応じてグラフィカルに表示される。

 新しい機能を備えたベータリフレッシュは、年末までには利用可能となるだろう、とHamlin氏は述べた。

 また、Microsoftは、同社「Internet Security & Acceleration(ISA)Server」を「Forefront Threat Management Gateway」とブランド変更することも発表した。同ソフトウェアは、ファイアウォール、そして、ウェブウイルス対策およびリモートアクセス技術を備え、インターネットに接続するコンピュータを保護する。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]