セキュリティを「対話」で向上させたいマイクロソフト

小山安博 冨田秀継(編集部) 2008年05月29日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲイツ氏が提唱した「Trsutworthy Computing」

 Microsoftは2001年からTrsutworthy Computingという取り組みを開始し、セキュリティの強化を続けている。この取り組みによって同社製品のセキュリティは向上しているようだが、「まだやるべきことがある」と同社のGeorge Stathakopoulos氏は話す。Microsoftの現在のセキュリティの取り組みについて同氏に話を聞いた。

 Stathakopoulos氏は、Product Security部門のゼネラルマネージャーで、Trustworthy Computingを統括するScott Charney氏の元で製品のセキュリティに関する責任者を務めている。

 「14年から15年、Microsoftでセキュリティをやってきている」というStathakopoulos氏は、セキュリティ情報の公開やマルウェアへの対応などといった活動を行ってきたそうだ。

 MyDoomやMSBlaster、Nimdaといった大規模な被害をもたらしたワームが登場していた「2001年当時、製品と会社の評判はあまり良くなかった」(Stathakopoulos氏)。そのため製品の作り方や行動を「変えていく必要があった」(同)ことがTrustworthy Computingにつながっていったという。

George Stathakopoulos氏 George Stathakopoulos氏

 製品の作り方に関してはSecure by Design、Secure by Default、Secure by Deployという考え方にもとづくセキュリティ開発ライフサイクル(SDL)を導入するなど、さまざまな取り組みの結果、「ここ3~4年は製品の改善・改良が行われ、製品そのものは良くなった」とStathakopoulos氏は自信をみせる。

 「しかし、セキュリティ脅威が他の分野で出てきた」(同)。その1つとしてStathakopoulos氏は、脆弱性情報と修正パッチを公開してから、それを悪用したエクスプロイトがリリースされるまでの時間が短くなっていることを挙げる。これに対して同社では、Windows XP SP2リリース後に「多層防御」と呼ばれる考え方を導入し、システムの脆弱性にかかわらず、システム全体は防御できる環境を構築しようとしている。

 もう1つの課題としてStathakopoulos氏が挙げるのがソーシャルエンジニアリングの手法でインストールされるマルウェアへの対策だ。仮に脆弱性を排除しても、フィッシング詐欺や興味を引く件名のメールで、マルウェアを手動で実行させようとする攻撃は防ぎにくい。「まだまだエンジニアリング側にも、(こうした問題に対策するために)やるべきことがある。これまでとは違ったレベルから対応しなければ、ネットの信頼性を実現するのが難しい」(Stathakopoulos氏)。

 こうした問題に対処するため、同社はMicrosoft Malware Protection Centerを設置。マルウェアの解析と対応を進めており、現在までに「4億5000万台のPCでマルウェアを駆除してきた」(同)という。国内では政府と連携し、「サイバークリーンセンター」と協力した対策も実施するなど、国と連携しての対策は世界でも日本だけだそうだ。

ユーザー、ベンダー、政府と対話する「End to End Trust」

 こうした対策の成果は「マイクロソフト セキュリティ インテリジェンス レポート」としてまとめられている。現在、第4版(2007年7~12月)がリリースされているところだ。

 同レポートからStathakopoulos氏は、「日本は世界でも安全なエコシステムを持っている」と指摘。世界の平均では、PC123台につき1台の割合でマルウェアが見付かっているが、日本では685台に1台しか発見されていないそうだ。世界でも最も感染率が低いこの数字は、教育啓蒙が進んでいる、パッチの適用率が高い、JPCERT/CCやサイバークリーンセンターなど業界とのパートナーシップといった要因によるのだと語る。

 このレポートでは、SDLの効果も現れてきているとStathakopoulos氏は話す。実際、マルウェアが感染したOSを見てみると、Windows XP SP2は全体の7.2%、Windows Vistaは同2.8%しか感染しておらず、確実に被害は減少してきているという。XPもSPなしが30.6%、SP1が21.5%、SP2が7.2%であることから、サービスパックを導入するだけでも被害は減少する。「最新のSPを適用することが重要だ」とStathakopoulos氏は強調している。

 Windows Vistaは脆弱性の数も感染率も下がってきてはいるのだが、「エクスプロイトや攻撃の数は増えている」(同)のが現状だ。こうした状況に対して「何をするのか考えなければならない」と指摘するStathakopoulos氏は、「ユーザー、カスタマー、企業、すべての利益になるように対話を進めるのが重要だ」と語る。各々が問題を出し合って議論することでよりセキュリティを進化させたい考えだ。

 こうした「対話」という観点から同社が提唱するコンセプトが「End to End Trust」だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算