編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

センドメール、情報漏えい防止や監査の機能を強化したメールセキュリティ統合運用管理ソフトの最新版を発売

CNET Japan Staff

2008-06-10 22:11

 センドメールは6月10日、メールセキュリティ統合運用管理ソフトウェアの最新版 「Mailstream Manager 3.0 日本語版」の販売を開始した。

 Mailstream Managerは、メールシステム全体におけるウィルス/スパム対策、情報漏えい防止、誤送信防止やコンプライアンスのためのメールポリシーの設定や実施を一元管理できるソフトウェア。

 最新版では、S/MIMEによるメールの暗号化、復号化およびメール添付書類のパスワード付きZIPファイル圧縮をサーバ側で行う機能、問題のあるメールの処理履歴を記録および管理できる「コンプライアンスインシデント管理」機能が追加された。各処理は設定したポリシーに合わせてサーバ側で自動的に行われるため、利用者側の負担を軽減しつつ、情報漏えい防止やメール監査を効果的に徹底できるという。

 Mailstream Manager 3.0 日本語版の価格はオープンプライス。出荷開始は、Linux版が2008年6月16日、Solaris版が7月21日に予定されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]