編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

グーグル、ベンチャーキャピタル部門を設立か--米報道

文:Steven Musil(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2008-08-01 11:54

 The Wall Street Journalのウェブサイトに米国時間7月30日夜に掲載された報道によれば、Googleは再びベンチャーキャピタル部門を設立しようとしている。

 情報筋によれば、GoogleのシニアバイスプレジデントであるDavid Drummond氏が部門責任者になる見通しだ。また、ベンチャーの立ち上げを支援してもらうため、投資家としての経歴がある起業家のWilliam Maris氏(33歳)を雇用した。

 Googleは以前にもこのアイデアを実現しようとしており、計画は今回も失敗に終わる可能性がある。

 成功すれば、新たなベンチャーにより、企業への投資より買収の方で有名なGoogleが、新興企業を軌道に乗せるのを支援する役割を、より正式に担うことになる。Google以外のベンチャーキャピタルで豊富な実績を持つシリコンバレー企業には、Intel、Hewlett-Packard、Motorolaなどがある。

 今回のGoogleの動きは、ベンチャー投資全体が厳しい状況にある中で起こった。7月初めのDow Jones VentureSourceの発表によれば、第2四半期のベンチャー投資は前年同期から12%減少した。602件の取引で66億4000万ドルという数字は、ここ3年間で最も低い四半期取引額となった。

 初めての資金調達を求める企業を犠牲にして、成長後期段階の企業の支援に資金をまわしたベンチャー投資会社が増えた。第2四半期では、初めての資金調達を求めるスタートアップ企業への出資金の総額は、12%減の16億ドルだった。一方、後期段階の企業への出資は14%増の31億ドルだったが、特にこれらの企業には株式公開の機会がほとんどなかったためで、ベンチャー投資会社から支援を受けた企業で第2四半期に株式を公開した企業は1社もなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]