編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「VMware ESX 3.5 Update 2」に時限爆弾式の不具合--修正パッチが公開に

文:Tom Espiner(ZDNet UK) 翻訳校正:編集部

2008-08-14 12:42

 VMware最新のハイパーバイザ「VMware ESX 3.5 Update 2」において、いったん終了した仮想マシンが再起動しなくなる事象が見られることが明らかになった。

 同ハイパーバイザが不具合を起こすのは8月12日を迎えたタイミング。それぞのタイムゾーンで真夜中を迎えた世界中のユーザーたちが問題に気が付いた。VMwareでバーチャルインフラストラクチャ製品のマーケティングを担当するMartin Niemar氏によれば、原因はESX 3.5 Update 2のライセンスコードの脆弱性にあるという。

 「3.5 Update 2に問題が見つかった。ライセンシングの部分に問題がある」とNiemar氏は述べる。「現段階で分かっているのは、この問題により、一度シャットダウンした仮想マシンが起動しなくなるということ。そして、仮想マシンを別のホストに移行するバーチャルモーショニングができなくなるということだ」(Niemar氏)

 Niemar氏は取材時点において、パッチの準備を最優先に進めていると述べていた(編集部注:本稿公開後、Vmwareのウェブサイトに本脆弱性を解決するパッチが公開されている)。

 Niemar氏は当初「なるべく仮想マシンをシャットダウンしないように。パッチが出るまでは稼働させておくことだ。また、サーバのシステム時刻を変更するという手もある」と問題の回避策を説明していた。

 もっとも、法的あるいは技術的な問題により、サーバのシステム時刻を変更できない組織も存在する。この点についてNiemar氏は仮想マシンを停止する必要があり、さらにシステム時刻を変更できない場合、打つ手はないと述べていた(編集部注:本稿執筆後、Vmwareのウェブサイトに本脆弱性を解決するパッチが公開されている)。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]