編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

JavaScript実行が高速化する「Firefox 3.1」--ウェブ開発者のIE離れ加速か

文:Matt Asay(Special to CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2008-08-26 08:13

 「Firefox」は、現時点でも十分に高速である。ある調査テストでは、わずかに「Safari」よりも遅いとの結果が出たものの、ここで意味する「わずかに(Safariより)遅い」とは、「猛烈に速い」ことを意味してもいる。

 Mozillaが革新的に開発を進める「TraceMonkey」によって、さらにFirefoxは速くなろうとしている。パフォーマンスの大幅な改善を考えてみてほしい。

 CNETのStephen Shanklandが、すでに詳細を伝えているため、ここで筆者が論ずるまでもないが、これはとりわけFirefoxにとって、ブラウザパフォーマンスの目ざましいブレークスルーとなることは確実だろう。Mozillaでエンジニアリング担当の暫定バイスプレジデントを務めるMike Shaver氏は、次のように語っている

 TraceMonkeyプロジェクトが目指すところは、まだ現時点では初期段階に過ぎないものの、JavaScriptのパフォーマンスを別次元へと改良することにあり、他のインタプリタとではなく、ネイティブなコードと競合し得るレベルへと到達しようとしている。

 TraceMonkeyは、どれほど高速なのだろうか?Mozillaは、その初期段階の開発の成果を、以下のように示している。

TraceMonkeyのパフォーマンス比較グラフ画像 提供:Mozilla

 これほど大幅にJavaScriptの高速化が図られるならば、何を行いたいだろうか?筆者は、今後は特にFirefox向けに記述されたアプリケーションが、大幅に増加することになるのではないかと予想している。このことにより、「Internet Explorer」(IE)ではなく、Firefoxが、ウェブ開発者の新たな開発プラットフォームのデフォルトターゲットとなることがあろうか?おそらくそのようになるだろう。Firefoxで、もっと多くの機能やパフォーマンスを実現できるならば、開発者は、多くの時間をFirefoxに費やすことになりそうである。

 現時点では、依然としてFirefoxはギークの領域を出ないものの、ウェブ開発者の市場シェアでは増加が見られていることからすれば、すでに開発者の好みという観点では、FirefoxがIEに追いついてきていることを示唆している。大幅な高速化が実現すれば、IE離れのこの傾向は、より顕著なものとなりそうである。

 次なる質問は「市場で優位に立ったならば、Firefoxは、どのような行動を取るだろうか?」というものである。IEが「Netscape」を追い落とした途端、意欲を落としてしまったMicrosoftとは異なり、明らかにMozillaは、これまでと同じペースを保つことになるだろう。それは、ブラウザ開発と革新の限界に挑み続けるというペースである。市場の独占主義者の主導ではなく、コミュニティー主導で進む時に、これは可能になる。

 筆者は、このFirefoxという新たな勝者が気に入っている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]