モジラとグーグル、検索関連の提携を3年延長

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:中村智恵子、福岡洋一

2008-08-29 10:17

 MozillaとGoogleは提携を2011年まで延長した。これによりオープンソースのウェブブラウザ「Firefox」を開発するMozillaは安定した収入を確保することになる。

 「われわれはGoogleとの契約を更新し、3年間延長した。これにより提携の期限は2008年11月でなく2011年11月となり、それまで確実な収入が得られる」と、Mozilla Foundationの会長Mitchell Baker氏は米国時間8月27日、ブログに投稿している。

 Googleは、Firefox起動時に開くページや検索ボックスでの標準設定など、目立つ位置に表示されることに対してお金を支払っている。

 この契約は、Mozilla Foundationに大きな収入をもたらしている。Googleは2006年、Mozilla Foundationの総売り上げの85%にあたる5680万ドルを提供している。

 この資金は役に立つだろう。Firefoxは、Microsoftが「Internet Explorer」の成功に気を許している隙に、ウェブブラウザ第2位という現在の地位へと成長した。

 現在Microsoftは「Internet Explorer 8」で差を広げようと試みており、Appleは「Safari」をWindows向けに提供し、「iPhone」や「iPod touch」でも使えるようにしている。第4位のOpera Softwareも、なおも挑戦する姿勢を見せている。

 Mozillaは、JavaScriptの実行速度、バックグラウンドでJavaScriptタスクを処理する機能、ビルトインの動画およびオーディオサポートに改良を加えた「Firefox 3.1」を、2008年末までにリリースしたい考えだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]