iPhoneを守る方法

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2008-09-07 23:30

 iPhoneには脆弱性がある。その一部は非常に深刻なものだった。Appleは脆弱性を修正するのに長い時間をかけることも時々ある。

 これらのセキュリティの問題は、iPhoneの売れ行きも利用も減速させていないため、自分のiPhoneが無くなったり盗まれたりした場合のことを考え、セキュリティを強化するための余分の手を打っておいた方がいいだろう。

 WiredのHOW-TWO WIKIでは、iPhoneのセキュリティに関する有効な手引きが提供されている。

  1. パスコードによる保護を有効にする
  2. SIM PIN保護を有効にする
  3. オートロックを有効にする
  4. ホームボタンを再配置する
  5. パスワード保存アプリケーションを使う

 もし他のアイデアや提案があれば、この記事にコメントを残すか、WiredのWikiに投稿するとよいだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]