編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

IBM、「ソーシャルソフトウェア」専門の研究センターを新設

文:Caroline McCarthy(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、長谷睦

2008-09-18 12:17

 長年ハイテク業界を主導してきたIBMが、マサチューセッツ州ケンブリッジに新たな研究センターとして「IBM Center for Social Software」を開設すると発表した。消費者向けウェブアプリケーションから企業向けのコミュニケーションツールに至る「ソーシャルソフトウェア」の開発拠点となるという。開設にあたり、Dow JonesおよびThomson Reutersの医療関連部門に所属する研究者が「企業レジデント」として同施設に駐在することに同意している。

 IBMの発表によると、IBM Center for Social Softwareは「新しいタイプの共同研究環境を構築してソーシャルソフトウェアに関して最も困難な問題に取り組み、新しいビジネスモデルを確立し、次世代のWeb 2.0アプリケーションの創出を支援し、人々がバイラル(口コミ)コミュニティーを形成する理由とその過程、ならびにこうしたコミュニティーがわれわれの日常生活に与える影響を見極める」という壮大な課題に取り組むという。

 IBMは今後、この新センターにおけるプロジェクトで、政府機関や他の企業、大学や研究機関、ならびにベンチャーキャピタルコミュニティーとも協業していく計画だ。同センターのパートナーになると従業員を同施設に派遣することが可能になり、IBMの研究者と共に、企業の社内ネットワークからソーシャル検索や検出、クラウドコンピューティングに至るさまざまな研究プロジェクトに参加できる。

 IBMフェローで同センターのディレクターに就任するIrene Greif氏は米国時間9月17日、声明で次のように述べた。「Center for Social Softwareは、ソーシャルコンピューティングコミュニティーと当社の顧客が、現在開発されている最も革新的なソーシャル技術に関して共同研究できるチャネルだ。われわれはこのセンターが、トップクラスのソーシャルコンピューティング技術者が世界中から集まり、協力して研究に取り組み、革新をもたらす場になると考えている」

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]