編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IBM、仮想ストレージの最適化製品を発表

文:Tom Espiner(ZDNet.co.uk) 翻訳校正:編集部

2008-09-18 12:49

 IBMは、仮想ストレージ環境を最適化する製品を発表した。同社によると、仮想ストレージのコスト削減につながる製品であるという。

 米国時間9月16日にリリースされた「IBM Virtual Storage Optimizer(VSO)」は、IBMのクラウドコンピューティングリモートアクセスサービスである「IBM Virtual Infrastructure Access(VIA)」と連携するように設計されている。同製品は、IBM Researchが開発したアルゴリズムをベースとしている。

 VSOは、学校、官公庁、金融機関をターゲットとし、仮想イメージ用に必要となる物理ストレージを削減することを目的に設計されている。IBMは16日の声明で、VSOによって新しい仮想マシンを迅速に構築することも可能になると述べている。

 ゲインズビル州立大学のコンピュータおよびネットワークサポートスペシャリストであるLance Hundt氏は、「完全にカスタマイズされた多数のデスクトップを数時間ではなく数分で構築することができる」と述べた。「われわれの仮想環境では、約80%ストレージを削減することができた」(Hundt氏)

 IBMは16日、同製品は、VMwareの「Virtual Desktop Infrastructure」とも連動するように設計されていると述べた。

 本記事執筆時点で英国における価格は明らかではなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]