編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

シトリックス、新仮想化サーバプラットフォームを発表--「大規模環境でも仮想化が利用できる」

藤本京子(編集部)

2008-10-14 21:55

 シトリックス・システムズ・ジャパンは10月14日、サーバ仮想化のプラットフォーム「Citrix XenServer 5」を発表した。Citrix XenServerは、データセンターからデスクトップまでの包括的なシステム「Citrix Delivery Center」製品ファミリーの1コンポーネントだ。

 XenServer 5は、「10分で導入できるほど容易なシステムでありながら、アベイラビリティおよびパフォーマンスが高く、プロビジョニング機能も備えている。さまざまな市場に幅広く提供できる製品だ」と、シトリックス・システムズ・ジャパン マーケティング本部 本部長の山中理惠氏は話す。

 今回シトリックスがXenServer 5で特に強調しているのが、ビジネスの継続性が確保できる点だ。具体的な機能としては、サーバに障害が発生しても、自動的に別のサーバに仮想マシンを移動、数秒から1分程度で再起動してサービスが引き継げるようになる。また、再起動の優先順位の設定やホストの障害許容設定、障害アラートなどで、システムのダウンタイムを最小限に抑える機能も備えている。

 また、XenServer 5では物理と仮想の両サーバへのプロビジョニングを大規模に適用できるようなアーキテクチャに変更した。これにより、ファーム内に複数のサイト、デバイス、vDiskプールなどのグループを構成し、それぞれの階層的構成単位で管理権限が付与できる。

 ほかにも、ミッションクリティカル向けの仮想化ソリューションとして、Marathon Technologiesと共同開発した「Marathon everRun VM」をオプションにて提供する。現時点では、個々のアプリケーションやネットワークなど、コンポーネントレベルにおける障害回復機能が提供されるが、2009年にはシステム全体での障害回復機能も提供される予定だ。

 米調査会社のYankee Groupが2008年8月に発表したエンタープライズサーバ市場におけるXenServerのシェアは約17%。山中氏は、2008年でXenServerがすでに10万回ダウンロードされており、売上も四半期ごとに倍増するなど、ビジネスが好調であることをアピールする。今回発表したXenServer 5で、さらにサーバ仮想化の適用範囲を広げたい考えだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]