編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

「仮想マシン単位の価格はマイクロソフトの方が高い」--ヴイエムウェアが反論

藤本京子(編集部)

2008-09-26 21:05

 仮想化をテーマとしたイベント「VMWorld 2008」にて、Virtual Datacenter OS(VDC-OS)という新しい製品カテゴリーを発表したVMware。こうした同社の姿は、以前に比べてよりいっそうマーケティングに注力しているように見える。この筆者の意見に対し、VMware 製品マーケティング シニアディレクターのBogomil Balkansky氏は「それは正しい見解だろうね」と話す。「今までVMwareではあまり将来のことについて語ることはなかった。しかし今では、こうしたことが重要になってきたのだ」(Balkansky氏)

 なぜVMwareにとって将来を語ることが重要になってきたのか。それは、「VMwareを頼りにしている顧客数が増えているからだ」とBalkansky氏。「顧客は、来年の予算を前もって立てなくてはならない。その際に、VMwareが今後どのような製品を出すのかを知り、それを導入すべきかどうかを検討するためにも、VMwareの方向性をできるだけ早く知りたいと考えているのだ」(Balkansky氏)

 VMwareが新しく発表した製品群の中でも、同社の中核事業となるデータセンター全体の仮想化を実現する製品がVDC-OSだ。これは、現在「VMware Infrastructure」と呼ばれる仮想インフラストラクチャスイート製品を、「データセンター用のOS」として新たに分類したものだ。

Balkansky氏 VMware 製品マーケティング シニアディレクターのBogomil Balkansky氏

 なぜここで「OS」という言葉を使うのか。Balkansky氏は「OSとは、ハードウェアとソフトウェアをつなぐもの。VDC-OSは、サーバとストレージ、ネットワークというインフラをひとつの大きなリソースとし、アプリケーションにつなげるものだ」と説明する。このように、WindowsやLinuxなどのOSと同じ働きをしているとして、VDC-OSが「OS」そのものであるとした。

 ただし、WindowsやLinuxとVDC-OSには大きな違いがある。それは、「WindowsやLinuxは、1台のサーバ用に作られたOSに過ぎない」(Balkansky氏)ということ。VDC-OSは「データセンター全体のOS」なのだ。「VDC-OSは、x86サーバをベースにメインフレームを作り上げたようなもの。サーバが1台動かなくなっても、隣のサーバがカバーする。VDC-OSを利用したシステムは、柔軟性に高く、自己修復型のシステムになる」(Balkansky氏)

 VDC-OSは、WindowsやLinuxを置き換えるものではないという。たいていのアプリケーションはWindowsやLinux上で稼働するように開発されているため、「こうした単体サーバ用のOSは今後も必要だ」とBalkansky氏。ただ、VMwareのCEO、Paul Maritz氏が「新しいアプリケーションの中にはOSが重要ではない、または必要がないといったものも出てきている」と述べているように、WindowsやLinuxの位置づけが変わってくる可能性はある。

 「VMwareのゴールは、どんなアプリケーションでもサポートすることだ。WindowsやLinuxを必要とするアプリケーションはもちろん、その他のOSが必要なアプリケーションも、OSを必要としないアプリケーションも、VDC-OSの上では動くようにする」(Balkansky氏)

 8月末にはVMwareがRed Hatの買収を検討しているとのうわさも出たが、上記のような理由からBalkansky氏は「単体サーバ用のOSがわれわれの戦略の中心になることはない」として、VMwareがRed Hatを買収するメリットはないと述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]