編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

シマンテック、新たなオンラインPC技術サポートを開始

文:Robert Vamosi(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-10-15 16:10

 Symantecは米国時間10月14日、PCデスクトップのパフォーマンス調整を支援する有料オンラインサービス「PC Checkup」と「PC Tune Up」を発表した。専門技術者がリモートからアクセスし助言等を行う。

 両サービスともWindows XPまたはVistaを使っている人が対象。Norton製品を使っていない人も利用できる。

 PC Checkupは診断サービスで、価格は29.99ドル。「自動車を販売店のサービス部門に持ち込んだときを想像してほしい」と、Norton Premium ServicesのバイスプレジデントLenny Alugas氏が述べるように、専門技術者が一連のテストを行い、必要なサービスがあれば助言する。一方、PC Tune Upは調整まで行い、価格は69.99ドル。専門技術者が診断を行い、OSを調整してパフォーマンスを改善する。両サービスとも、顧客が原因を知りPCをよりよく管理できるように「ステップアップ」のための助言を行う。

 Alugas氏によると「この市場での最大の競争相手は、問題のあるコンピュータを持っている人の友人や家族だ」。そのほか、町のPC修理店や修理部門を持つ大型電器店とも競合する。

 新サービスが同社の販売する既存ソフトウェアをどう補完するのか、あるいはどう異なるのかという質問に対して、同氏は「Norton 360はインターネットキャッシュを削除したりゴミ箱を空にしたりはするが、スタートアップの内容までは扱わない」と述べ、新サービスはその分双方向的だと説明した。

 Norton技術サポート(現在は無償)と同じように、両サービスともリモート接続クライアントLogMeIn Rescueを利用しており、顧客の立ち会いの下でNortonの技術者がPCを操作することができる。その間、メモリやハードドライブにあるアプリケーションの使用頻度をチャットで尋ねることなどもできる。すべての操作は顧客の了解の下で行われると、Alugas氏は述べる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]