編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

企業内PCの管理を効率的に--インテル、ウチダスペクトラム、MSの「マネージド ビジネスPC イニシアチブ」

2008-10-17 21:17

 インテル、ウチダスペクトラム、マイクロソフトの3社は10月16日、企業内のクライアントPCの運用管理を効率化し、TCOを削減することを目的とした「マネージド ビジネスPC イニシアチブ」を立ち上げた。

 このイニシアチブを通じ、ビジネスPC向けプラットフォーム「インテル vProテクノロジ」搭載のハードウェアと、マイクロソフトの運用管理製品「System Center Configuration Manager 2007」(SCCM 2007)を組み合わせて提供する。インテルとマイクロソフトが、それぞれ自社のテクノロジーに関するシステム構築での技術サポートを提供し、ウチダスペクトラムが企業PCの構成管理、運用管理システム構築のソリューションサービスを提供する。3社共同で動作確認を行い、システム構築手法を確立すると共に、構築ガイドを作成する。

 同ソリューションを利用すれば、「SCCM 2007の管理コンソールから一元的にビジネスPCが管理でき、オンサイトでのサポート件数の低減や、運用管理の効率化が実現する」(3社)。

 3社はこの活動を通じ、2009年6月までに2万5000台の企業内クライアントPCに同ソリューション導入したいとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]