「Windows 7」プレベータビルド:その中身とは?

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年10月27日 06時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftはロサンジェルスで開催されるProfessional Developers Conference(PDC)の参加者に対して、「Windows 7」を米国時間10月28日火曜より前に披露することはないだろう。しかしこのショーの参加者に提供されるプレベータビルドに何が含まれるかについて、新情報が漏れ出しはじめている。

 さまざまな情報筋によると、PDC――そして、その1週間と少し後に同社のWindows Hardware Engineering Conference(WinHEC)――で配布されるビルドは、M3(Milestone 3)ビルドのひとつとなるという。9月にリークされたビルドと同様に、これは「6801」のナンバーが付されたビルドであると、情報筋はいう。しかしこれは筆者が数週間前に見たものとは同じものにみえない。UX EvangelistのブロガーであるStephen Chapman氏は、これはMicrosoftが10月20日に完成させた6801 M3ビルドとなりそうだと述べている。

 それではこのまもなく提供されるWindows 7プレベータビルドのなかには何が含まれるのか?来るPDCのプレベータビルドについて見聞きする機会があったさまざまな人たちによると、以下がMicrosoftが提供すると思われるいくつかの新機能である。(注意:筆者はあえてこのリストについてMicrosoftからの正式なコメントを求めていない。回答はおそらく「火曜まで待て」となると思ったからだ。)

  • 「Device Stage」:顧客がプリンタ、カメラ、携帯電話、メディアプレーヤー、その他のデバイス間でもっと簡単にやりとりできるようにするための中心的ロケーション。Device Stageは「Device-Stage対応の」周辺機器のみを認識する。MicrosoftのWinHECサイトの追加的情報によると「Device Stageは消費者が管理、調査、シンク、プリントアウト、またはその他の一般的なデバイス関連タスクを実施するための新しい手段である。(気になること:これはパワーアップした「Plug and Play」以上のものとなるのか?)
  • 「Action Center」:ユーザーがWindows 7システムでの問題をトラブルシュートするのを助ける自己診断機能。
  • 「StreamOn」:PCやデバイス上のオーディオやビデオのコンテンツをコントロールする手段(これは「Windows Media Player」の次期バージョンの一部なのか?あるいは「Live Mesh」と何らかの関係があるのか?これ以上の情報は現時点では得られない。)
  • アニメーションをカスタマイズするための新たなアニメーションフレームワーク(これはAppleの「Core Animation」ツールと同類のものか?まったくわからない。)
  • 新しいタスクバーとシェル統合(この情報は9月のM3に関するリークから浮上した)。
  • マルチタッチとジェスチャー認識:Microsoftが今年に入り、初期のWindows 7プレビューのなかで披露したものである。
  • Bluetoothのサポート向上(これがVista Service Pack 2を通してMicrosoftが加えようとしている新レベルのBluetoothサポート以上のものなのかどうかは不明だ。)
  • Ribbon、そこらじゅうにRibbon。リークされた9月のM3ビルドで明らかなように、Microsoftは「Ribbon」UIをWindows 7に含まれるアプレットに加える予定だ。

 Microsoftは火曜のPDCでの基調講演において、参加者に配布されるプレベータにもまだ含まれていない、数多くの機能をほかにも披露する予定であると聞いている。(内部ではMicrosoftはすでにM3後のビルドに取り組んでおり、Windows 7のプレベータ版で提供する160Gバイトの外部ドライブで提供する予定だ。)

 筆者はいまでもMicrosoftがWindows 7のパブリックベータを今年12月半ばの提供に向けて、そして最終版は来年に向けて進めていると聞く。Vistaの成長率がぱっとしないため、Microsoftには――あらゆる品質管理を考えても――Windows 7を出来るだけ早くリリースするインセンティブが大いにあるはずだと思うのだ。

 今週中にお目見えすることになる、新しいWindows 7の機能について、誰か聞いている人はいますか?筆者はとりわけMicrosoftがWindows 7で企業ユーザー向けに何を提供するつもりなのかについて関心がある。これらの機能のほとんどが消費者を対象にしているためだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化